• 印刷する

英首相「7月19日に規制撤廃の可能性濃厚」

英国のジョンソン首相は28日、イングランドにおける新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)の全面解除について、予定通り7月19日に決行できる可能性が高いとの見方を示した。当初は6月21日に予定されていた全面解除は、インドで最初に確認された変異株「デルタ株」の感染急増により延期されていた。BBC電子版などが伝えた。

ジョンソン首相は、死者数や入院患者数は低く抑えられているが、新規感染者数が増えていることから、慎重ながらも不可逆的なアプローチを続け、向こう3週間で最大限ワクチン接種を進めることが理にかなっていると説明。7月19日が終着点となり、可能な限り新型コロナ流行前と同様の生活に戻れる可能性が高いことが、日を追うごとに明確になっているとしている。

また、先に就任したばかりのジャビド保健・社会福祉相は、全面解除を前倒しはしないが、さらに延期する理由はないと指摘。規制を解除し普通の生活を取り戻すことが優先事項だとしている。

なお、北アイルランドでは7月1日に、ウェールズでは同15日に規制が見直される予定。スコットランドは、8月9日に規制を全面解除することを目指している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

シェル、北海のカンボ油田開発から撤退(12/06)

仏、英仏海峡の共同警備巡る英の提案拒否(12/06)

商船三井、日本の風力発電事業で英社と協業(12/06)

労組ユナイト、労働党への献金停止を示唆(12/06)

米当局、エヌビディアのアーム買収阻止へ(12/06)

JDスポーツ、豪での売上高が60%増加(12/06)

富士フイルム、工場規模倍増 バイオ医薬品拠点で英最大規模に(12/03)

GSKのコロナ治療薬、変異株にも有効(12/03)

英国製ワクチン、血栓症の原因解明=論文(12/03)

英米間の鉄鋼関税交渉、北ア問題巡り膠着か(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン