• 印刷する

英政府、規制全面解除を延期 4週間でワクチン展開に注力

英国のジョンソン首相は14日、21日に予定されていた新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)のイングランドでの全面解除を4週間延期すると発表した。インドで最初に確認された変異株「デルタ株」の感染者が急増しているため。

規制解除の延期により、少なくとも7月19日まではスポーツ試合の観客数や飲食店の店内利用人数などが引き続き制限され、ナイトクラブの営業再開も見送られる。自宅での勤務が可能な人には引き続き在宅勤務を推奨する。

イングランドでは、デルタ株の感染者と入院患者の数が増加している。この変異株は、最初にイングランド南東部ケントで確認された「アルファ株」よりも感染力が60%高く、重症化する確率は2倍とされる。重症化しやすいのは、ワクチン接種を全く受けていない人や1回しか受けていない人だという。

政府は4週間で1,000万人に2回目の接種を実施し、変異株流行を食い止めたい考え。また、ワクチン接種が感染と重症化に与える影響についてもさらなる調査を進めることができるとしている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

HSBC、通期は過去最高益 高金利追い風も四半期は大幅減益(02/22)

ヒースロー空港、アブダビ社が株式取得検討(02/22)

製薬サノフィ、事業買収に投資6社が関心(02/22)

財政収支、1月は黒字拡大=減税に追い風(02/22)

ボディショップ、国内店舗の半分閉鎖へ(02/22)

選挙意識、補償に消極的=英政府、冤罪事件(02/22)

イングランドで短期賃貸住宅の規制強化(02/22)

核ミサイルシステム、発射テストで失敗(02/22)

ウェールズ、若手医師が3日間スト(02/22)

新スタジアム、資金繰りで苦境=英領北ア(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン