• 印刷する

英、パンデミック以降で初のコロナ死者ゼロ

英国の保健・社会福祉省は1日、新型コロナウイルス感染による過去24時間の死者数がゼロとなったと発表した。感染死者が出なかったのは、昨年3月7日以降で初めて。ただ、この日は英国の祝日で、週末や祝日の報告数は比較的少ない傾向にある。

累計死者数は1日時点で12万7,782人で、これは世界で5番目に多い。新規感染者数は3,165人となり、累計では449万438人となった。

新規感染者数は4月12日以降、3,000人を割り込んでいたが、5月26日以降は連続で3,000人の大台に乗っている。うち大半はインド型変異株の感染とみられる。過去7日間の人口10万人当たりの新規感染者数は、飲食店などの営業規制が緩和される前日の5月16日時点で21.6人だったが、27日には30.3人にまで伸びている。

ハンコック保健・社会福祉相は、感染死者数ゼロについて「確かに朗報だが、まだこのウイルスを克服したわけではない」とコメント。一方で、ワクチン接種は明確な効果を上げているとしている。現時点で、1回目のワクチン接種者は全成人人口の75%、2回目のワクチン接種完了者は50%近くに上る。

一方で、英政府の医療諮問グループのメンバーであるケンブリッジ大学のラビンドラ・グプタ教授は先に、新規感染者の絶対数は比較的少ないものの、インド型変異株により加速度的に増加していると指摘。英国は既に新型コロナウイルスの感染第3波の初期段階にあるとの見方を示すとともに、早ければ6月21日にイングランドでロックダウン(都市封鎖)を全面解除するという政府の計画を延期すべきとしている。政府はこの計画の実施について、14日に判断を下す方針。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

英、7月4日に総選挙 14年ぶり政権交代の可能性(05/23)

ロシア、戦術核兵器の演習=欧州を威嚇(05/23)

英政府、ウェールズ北部で新規原発を建設へ(05/23)

インフレ率、4月は2.3%に減速(05/23)

石油シェル株主総会、気候目標緩和を承認(05/23)

製薬アストラゼネカ、中国特化の供給網構築(05/23)

財政収支、4月は赤字拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン