ルーマニア、水素混焼発電所を建設へ

ルーマニア政府は、新型コロナウイルス流行からの復興計画の一環として、南東部コンスタンツァ(Constanta)に天然ガスと水素を使用する火力発電所の建設を計画している。ポペスク経済・エネルギー・ビジネス環境相の話として、ルーマニア・インサイダーが5月28日伝えた。 この発…

関連国・地域: ルーマニア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

自動車ダチア、新たなロゴ公表=ブランド刷新(06/22)

エネルギーのゲティカ95が経営破綻(06/21)

独ドラクスルマイヤー、西部にEV電池工場(06/16)

ポルシェの技術子会社、ルーマニアに新拠点(06/16)

独コンチネンタル、ルーマニア西部工場閉鎖(06/15)

クラスターパワー、南部にデータ拠点建設へ(06/14)

自動車ダチア、オーストラリア進出へ(06/08)

金融BT、ポーランド行の傘下企業を買収(06/04)

ルーマニア、水素混焼発電所を建設へ(06/01)

配達グロボ、独競合の中東欧事業を取得(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン