伊ロープウエー落下事故、運営会社3人保釈

イタリア北部ピエモンテ州のマジョーレ湖近くで観光用のロープウエーが落下し、子供2人を含む14人が死亡した事故で、裁判所は5月29日、勾留していた運営会社の社長ら3人を保釈した。うち1人は在宅起訴された。ANSA通信などが伝えた。 警察当局は26日、過失致死などの疑い…

関連国・地域: イタリア
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

伊のロープウエー落下、事故映像放送で批判(06/21)

決済ネクシ、デンマークのネッツと合併(06/18)

欧州医薬品庁、露ワクチン承認判断に遅れ(06/18)

伊政府、解雇禁止措置の終了も視野に(06/17)

ステランティス、伊メルフィ工場でEV生産(06/17)

エジソン、再生エネ部門の株最大40%放出も(06/17)

欧州委、伊不良債権保証制度の1年延長承認(06/16)

サイぺム、UAEでガスプラントの拡張受注(06/16)

ローマ郊外で発砲事件=子ども含む3人死亡(06/15)

欧州各国、英からの入国規制強化の動き(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン