• 印刷する

ワクチン接種、全成人対象へ 6月7日から優先条件を撤廃

ドイツのシュパーン保健相は17日、新型コロナウイルスのワクチン接種の対象を6月7日から16歳以上の全ての希望者に拡大すると発表した。

ドイツでは現在、年齢や基礎疾患、職業などに基づき優先グループへの接種を実施している。6月7日からは16歳以上であればこうした条件に関係なく接種を受けられるようになる。ただ、シュパーン保健相は、供給・物流の問題で必ずしも6月に希望者全員にワクチンが行き渡るとは限らないとしている。一方で、政府は夏までには希望者への接種を終えることを目標に掲げていると改めて強調した。

また、関係当局はすでに12歳以上の子供への接種の開始時期と方法について検討しているという。

ドイツでは6月7日までの3週間で、少なくとも1,500万人が1回目または2回目の接種を受ける予定になっている。これまでに接種を受けた人の数は4,000万人に上っており、人口の約37%に当たる。2回目の接種を完了した人の割合はおよそ11.2%に達している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ショルツ新連立政権、8日に発足へ(12/06)

メルケル首相、退任式典で16年間振り返る(12/06)

独新車登録、11月は31.7%減少(12/06)

独中製ワクチン、香港の民間病院で接種可に(12/06)

ドイツ、2年連続年越し花火禁止=業界打撃(12/06)

ワクチン未接種者の規制強化 独、全土で「2G」ルール適用(12/03)

ICU患者数、クリスマスまでに過去最多も(12/03)

ドイツの次期外相、対中強硬姿勢示す(12/03)

独地熱発電所で100万台分のリチウム産出へ(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン