仏枯葉剤裁判、原告の訴え棄却

パリ南郊エブリー(Evry)の裁判所は10日、ベトナム戦争時に枯葉剤「エージェント・オレンジ」を米国向けに製造・販売したことを「許容できない」として、米農業化学大手モンサントなど14社を相手取りベトナム系フランス人女性が起こしていた訴訟で、原告側の訴えを棄却した。戦争…

関連国・地域: ドイツフランスアジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

仏地方選、与党が惨敗 全地域圏で振るわず=第1回投票(06/22)

自動車ダチア、新たなロゴ公表=ブランド刷新(06/22)

エア・リキード、空港の水素インフラ整備へ(06/22)

エア・リキード、シベリア新工場が稼働(06/22)

ビベンディ、UMGの株式10%売却で合意(06/22)

仏、夜間外出禁止令撤廃を20日に前倒し(06/18)

マクロン大統領、欧州テック大手の育成表明(06/18)

パリ市長、次期大統領選への出馬を示唆(06/17)

イケアの仏部門、従業員の監視問題巡り罰金(06/17)

エジソン、再生エネ部門の株最大40%放出も(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン