金融機関の職場復帰、欧州と米で方針に違い

欧州と米国の金融機関で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け在宅勤務中の従業員を職場に戻すかどうかの判断に差が出ているようだ。米国のJPモルガン・チェース銀行とゴールドマン・サックスが6月にも全従業員を職場に戻す一方、英国のHSBCホールディ…

関連国・地域: EU米国
関連業種: 金融雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

EU、対ベラルーシ追加制裁で合意か(06/18)

「ゼロ汚染」達成に動くEU <連載コラム・環境フォーカス>第55回(06/18)

欧州初の量子コンピューター、独で稼働開始(06/18)

EU、米を入域許可国に追加 英国は変異株懸念でまた見送り(06/18)

欧州新車登録、5月は53.4%増加(06/18)

欧州委、スペインなどの復興計画を承認(06/18)

EU、復興基金の債券発行で大手10行除外(06/18)

欧州医薬品庁、露ワクチン承認判断に遅れ(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン