石油シェル、チュニジア上流事業から撤退へ

英国・オランダ資本の石油メジャー、ロイヤル・ダッチ・シェルは、チュニジア政府に同国の上流事業から撤退する意向を伝えたもようだ。再生可能エネルギーに注力する戦略の一環。チュニジアのエネルギー省高官らの話を元に、ロイター通信が5日伝えた。 それによると、シェルはチ…

関連国・地域: 英国オランダアフリカ
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

英政府、NHS職員の賃金3%引き上げ(07/23)

英政府、ナットウエスト株最大15%売却へ(07/23)

ユニリーバ、上半期は4.1%減益(07/23)

英バークレイズ、独事業トップにKfW幹部(07/23)

フィンテックのネイピア、ドバイに拠点開設(07/23)

EU、北ア議定書巡る英との再交渉拒否(07/23)

米・英ワクチン、2回接種でデルタ株に有効(07/23)

英、北ア議定書改定を要求へ EUに緊急協議求める(07/22)

シェル、排出量削減の厳格化命令巡り控訴(07/22)

英大企業の8割、量子コンピューターを拡大(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン