• 印刷する

独、ワクチン接種者の制限免除法案が成立も

ドイツのシュパーン保健相は4日、新型コロナウイルスのワクチン接種を完了した人などを対象に、各種の制限措置を緩和する法案が早ければ7日までに成立するとの見通しを示した。これが成立すれば、ワクチン接種済みの人やすでに感染し抗体を持つ人は、夜間の外出制限や私的な集会の人数制限が免除されるようになる。

政府は先に、ワクチン接種者などを対象に制限を緩和する法案を閣議承認し、議会に提出した。シュパーン保健相は「向こう数日に連邦議会(下院)および連邦参議院(上院)で審議し、うまくいけば今週中の可決も可能」と話している。

ザ・ローカルによると、この法案が成立すれば、ワクチン接種を完了した人や感染済みの人が大半を占める私的な集まりには、人数制限が適用されなくなるほか、こうした人以外が中心の集まりでも、ワクチン接種者や感染済みの人は人数制限の枠外として自由に参加できる。

ドイツでは現在、過去7日間の人口10万人当たりの感染者数が3日連続で100人を超える地域で、午後10時から翌午前5時までの夜間外出が禁止されている。また、地域によっては生活必需品以外を扱う店舗を利用する際に、陰性証明の提示が義務付けられている。しかし、法案が成立すれば、ワクチン接種者や感染済みの人は、こうした措置の適用外となる。

このほか、国外旅行からの帰国時に検査の陰性結果を提示する義務もなくなり、旅行中に感染者と接触していなければ、帰国後の自主隔離も免除される可能性がある。

政府はワクチン接種証明をデジタル化し、スマートフォンで提示できるようにする方針。スマートフォンを持っていない人向けには、QRコードが記載された紙の証明書を発行する見通しだ。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米独、ガス導管の完工で合意 ロシアが政治利用なら制裁発動(07/23)

独、洪水被災地で新型コロナ感染拡大の恐れ(07/23)

ボノビア、ドイチェ・ボーネン買収に暗雲(07/23)

英バークレイズ、独事業トップにKfW幹部(07/23)

住友ゴム、独でタイヤ空気漏れ防止技術導入(07/23)

米独社製のワクチン、南アフリカで生産へ(07/23)

ビオンテック製ワクチン、台湾で子供も対象(07/23)

独、洪水被害で緊急支援策 被災地復興に4億ユーロ拠出へ(07/22)

ドゥカティ、タイで世界800台の限定車発売(07/22)

ダイムラー、第2四半期は黒字回復(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン