S&P、救済基金のEFSFを1段階格下げ

米信用格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)は16日、財政危機に陥ったユーロ圏加盟国を救済する欧州金融安定基金(EFSF)の信用格付けを、最上級の「AAA」から「AAプラス」に1段階引き下げたと発表した。先週13日に、フランスとオーストリアを1段階格下げしたことに伴うもの。

S&Pは、EFSFを保証するユーロ圏各国の中で最上級の格付けを持つ国が6カ国から4カ国(ドイツ、オランダ、フィンランド、ルクセンブルク)に減ったため、信用度が低下したと説明している。ただEFSFが信用補完をするか、融資枠を縮小すれば、格付けを最上級に戻す方向で見直す可能性も示唆した。EFSFの融資枠は4,400億ユーロだが、最上級の格付けを持つ国の保証の裏付けがあるのは約2,600億ユーロにとどまる。

EFSFのクラウス・レグリング最高経営責任者(CEO)は今回の決定に対し、「格下げの影響はほとんどなく、世界中の投資家がEFSFの債券購入を続けるだろう」と自信を示した。また、今年7月に設立される欧州版の国際通貨基金(IMF)である欧州安定化メカニズム(ESM)は、EFSFよりも信用格付け変更の影響を受けにくいと指摘している。


関連国・地域: ドイツフランスEUオーストリアフィンランドルクセンブルクオランダ米国
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャ、金融支援脱却後の成長計画を発表(05/25)

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第3回 進むユーロ安の背景(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

【ウイークリー統計】第8回 老年人口指数と若年層の実家暮らし(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン