• 印刷する

EBRDによる中東欧投資、昨年は過去最高

欧州復興開発銀行(EBRD)は18日、2011年の中東欧および旧ソ連諸国向け投資額が過去最高の90億ユーロに達したと発表した。投資対象となる29カ国が、依然としてユーロ圏の債務危機など経済的なリスクに直面していると指摘している。

EBRDの投資は通常、民間部門と連動しており、同行の出資に対する需要が依然として高まっている背景には、金融危機やユーロ危機により投資対象地域への民間資金が抑えられていることがある。

EBRDはまた、複数の信用格付け会社が同行の財務状況に関する信用格付けを最上級のトリプルAで維持したことを明らかにした。同行は今年、北アフリカと中東地域に初の投資を実施する予定だ。


関連国・地域: EUアフリカ中東
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

上院、国内市場法案に「遺憾」示す修正可決(10/22)

ギリシャ、EU・トルコ関税同盟停止を要求(10/22)

英EU交渉、なお足踏み状態 バルニエ交渉官「合意手が届く」(10/22)

【ウイークリー統計】第74回 高齢化進むEU社会(10/22)

EU、共通農業政策改革で基本合意(10/22)

欧州自動車業界、EUに寛容な対英交渉要求(10/22)

欧州の大気汚染コスト、年間1600億ユーロも(10/22)

英EU交渉、合意可能性6割か 専門家3人招きセミナー=弊社主催(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン