イングランド南西部沖で海洋発電施設を建設

エネルギー・気候変動省は23日、イングランド南西部沖に海洋エネルギーパークを建設すると発表した。民間による波力・潮力発電への投資を促進し、海洋エネルギー利用の一大拠点とする計画だ。

対象となるのは、南西部の中心都市であるブリストル沖合からコーンウォール半島を経てシリー諸島に至る海域。「南西海域海洋エネルギーパーク」の名称で呼ばれる新しい施設は、中央政府や地方自治体に加え、産業界や大学など官民学が連携し、波力・潮力発電の開発を推進する。

計画の第1段階として、コーンウォール半島の沖合に施設当たり出力1万~3万キロワットの小型波力発電施設を複数設置。2018年以降にはさらに深い海域で、10万キロワット以上の大型施設を建設する。

政府は再生可能エネルギーの一つとして波力・潮力発電の開発に力を入れており、2050年までに英国全体で2,700万キロワットの発電能力を確保できると見込んでいる。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 電力・ガス・水道社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン