• 印刷する

欧州鉄道3社、カルテルで4800万ユーロ罰金

欧州委員会は20日、オーストリア国鉄(OBB)とドイツ鉄道(DB)、ベルギー国鉄(SNCB)の3社が「ブロックトレイン」と呼ばれる鉄道貨物サービス市場でカルテルを結んでいたとして、計約4,800万ユーロの罰金を科したと発表した。3社は5年以上にわたり、競争法で禁止されている顧客の割り当てを行っていた。

ブロックトレイン・サービスは、すべての貨車に同じ顧客の貨物を積み込み、車両編成替えをせず目的地まで直行するサービス。大量の貨物輸送を必要とする顧客にとっては経済性と効率性が高い。3社は2008年12月~14年4月にこのサービスに関する顧客の問い合わせ情報を交換し、顧客の割り当てを行っていた。

罰金額はドイツ鉄道が4,832万4,000ユーロ、ベルギー国鉄が27万ユーロ。いずれも捜査に協力したため減額されているが、ドイツ鉄道は15年にも航空貨物運送サービスでのカルテルで罰金を科されていることから、今回の罰金を50%増額された。一方、オーストリア国鉄は、最初にカルテルの存在を通報したため、3,700万ユーロの罰金を全額免除されている。[EU規制]


関連国・地域: ドイツEUベルギーオーストリア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【今週の主な予定】5月17~21日(05/17)

クロアチア、ワクチンパスポートを試験導入(05/17)

EUの成人3割超がワクチン接種を躊躇(05/17)

東芝テック、欧州子会社がサイバー攻撃被害(05/17)

EUの新排出削減目標、効果には疑問も <連載コラム・環境フォーカス>第54回(05/14)

欧州委、伊のアリタリア4度目の支援を承認(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン