• 印刷する

ドイツ、英からの入国者を隔離義務対象外に

ドイツの国立ロベルト・コッホ研究所は16日、英国と英領北アイルランドを新型コロナウイルスの変異株がまん延しているリスク地域から除外し、入国者に対して義務付けていた隔離措置を18日から撤廃すると発表した。

英国などの他、フィンランド南部のピルカンマー(Pirkanmaa)地域と、アイルランドの中西部と南東部もリスク地域から除外された。

ドイツは昨年12月、英国と英領北アイルランドで感染力の強い英国型変異株が確認されたことを受けて、同国をリスク地域に指定。しかし、英国政府は先に、50歳以上と基礎疾患のある人、医療従事者、ソーシャルケアワーカーの全員に1回目のワクチン接種の機会を提供する目標を前倒しで達成。新規感染者数は大幅に減少している。

一方、ドイツでは英国型変異株の感染が拡大して第3波に見舞われている。同研究所によると、16日時点の過去24時間の新規感染者数は2万5,831人。感染死者数は247人で、累計では8万人に達する勢い。病院の集中治療室(ICU)もひっ迫している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ワクチン未接種者の規制強化 独、全土で「2G」ルール適用(12/03)

ICU患者数、クリスマスまでに過去最多も(12/03)

ドイツの次期外相、対中強硬姿勢示す(12/03)

独地熱発電所で100万台分のリチウム産出へ(12/03)

PwC独拠点、脱税容疑で当局が家宅捜査(12/03)

ボロコプター、サウジ新経済特区と提携(12/03)

機械受注高、10月は19%増加(12/03)

欧州委員長、ワクチン義務化の議論促す(12/03)

BMW、印で半年以内にEV3車種を投入(12/03)

コロナ死者数、2月以降で最多 保健当局が新変異株に警戒強める(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン