• 印刷する

EU、コロナ復興計画の資金調達戦略を公表

欧州委員会は14日、新型コロナウイルス危機を受けた復興計画に必要となる資金約8,000億ユーロの調達戦略を公表した。2026年まで毎年、総額で約1,500億ユーロの債券や短期証券を発行する方針。また、全体のうち30%をグリーン債で調達するとしている。

EUは、総額7,500億ユーロの復興計画で合意しているが、これは18年の物価に基づく金額で、現時点の物価に換算すると約8,000億ユーロが必要となる。欧州委はこれを、グリーン債を含む償還期限3~30年の中・長期欧州連合(EU)債と、満期1年未満のEU短期証券(EUビル)を組み合わせて調達する計画。いずれも58年までに償還を終える。

欧州委は今後、公認の金融機関から成るプライマリー・ディーラー・ネットワークを構築し、これを通じて債券などの発行を行う。

年間の借入額は1年ごとに決定し、半年ごとに投資家向けの詳細な調達計画を公表する。欧州委は、第1回目の決定は夏までに下すとしている。ただしこれは、EU予算に対するEU加盟各国の保証額の上限を、58年まで従来の域内国民総所得(GNI)の1.4%から2%に引き上げる法案が成立することが条件となる。

ロイター通信によると、8,000億ユーロのうち、3,380億ユーロは加盟各国への補助金、3,860億ユーロは加盟各国への融資に充てられ、残りはEU共通プログラムに振り向けられる。

加盟各国は、今年の割り当て分のうち13%を前金として受け取ることが可能。ハーン予算・管理担当委員は、全加盟国が補助金の前金を同時に要求すれば、第3四半期(7~9月)の借入額が450億ユーロに達する可能性もあるとの見方を示している。

EU政策専門サイトのユーラクティブによると、これに加えて各国が融資の前金も要求した場合、必要な資金は倍増することになる。同委員はそれでもなお「調達可能」としているが、各国への前金支給を同時に行うのは不可能となり、7月と9月に分割で行われる可能性もあるもようだ。[EU規制][環境ニュース]


関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【今週の主な予定】10月25日~29日(10/25)

ノルドストリーム2、年内に2本目充填完了(10/25)

10月は過去半年で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(10/25)

米政府、デジタル税巡り欧州5カ国と合意(10/25)

EU首脳会議、ポーランドへの措置を協議(10/25)

EV新車登録台数、第3四半期は56.7%増加(10/25)

欧州北部で暴風雨の被害=ポーランドで死者(10/25)

エネルギー危機がCOP26に突き付ける課題 <連載コラム・エネルギーTODAY>第55回(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン