<特別寄稿>新型コロナ危機出口戦略(下) 英独の差をつけた接種対応

英国では既に全人口の5割近くが、新型コロナワクチンの1回目の接種を済ませ、各種制限の緩和も順調に進んでいる。 対するドイツは全人口の16%。まだ主に70代以上が接種対象で、感染抑制に苦戦し、出口が見えない(前編)。後編では、英独の差がついた接種対応の違いを概観する。…

関連国・地域: EU
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【今週の主な予定】5月17~21日(05/17)

クロアチア、ワクチンパスポートを試験導入(05/17)

EUの成人3割超がワクチン接種を躊躇(05/17)

東芝テック、欧州子会社がサイバー攻撃被害(05/17)

EUの新排出削減目標、効果には疑問も <連載コラム・環境フォーカス>第54回(05/14)

欧州委、伊のアリタリア4度目の支援を承認(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン