• 印刷する

連邦政府、規制の権限強化へ 州から移管する法案を閣議決定

ドイツ政府は13日、新型コロナウイルス対策の規制措置を実施する権限を強化する法案を閣議決定した。州政府に任せていた実施権限を連邦政府に集中させ、新規感染者が増加している地域に対して「緊急ブレーキ措置」を徹底させる狙い。

これまで規制措置を巡っては連邦政府と州政府が協議し、実施は各州政府の判断に委ねられていたため、各州は連邦政府と合意した規制を実施しない場合があった。特に最近では、10万人当たりの新規感染者数が100人を超える地域では規制緩和を撤回するという合意を実行しない州があり問題となっていた。

法案では、3日連続で直近1週間の人口10万人当たりの感染者数が100人を超えた地域では、午後9時から翌午前5時までの夜間外出禁止、生活必需品以外を扱う店舗の閉鎖、個人的な集まりを2世帯の最大5人に制限することなどを導入することを定める。この法案は、連邦議会(下院)と連邦参議院(上院)の承認が必要となる。

メルケル首相は「集中治療室(ICU)の全病床が埋まるまで待っていては手遅れとなる」と危機感を示した一方、国内でワクチン接種が進んでいることから「トンネルの先の光に向けてこれまでよりも大きく歩んでいる」と強調した。ただ一部の州政府からは、今回の法案が連邦政府と州政府の権限を定めるドイツの憲法である基本法に違反するとの批判も出ている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ティッセン、イスラエルから潜水艦受注(01/21)

独製薬スタダ、ルーマニアで生産施設を建設(01/21)

生産者物価、12月は24.2%上昇=過去最大(01/21)

ワイヤーカード問題、当局への賠償請求却下(01/21)

ローゼンバーガー、中国に生産拠点設置へ(01/21)

米カーライル、欧州最大のファンド設立へ(01/21)

独、感染者数が過去最多に 初の10万人超え=2月にピークも(01/20)

独、ウクライナに「水素外交」拠点設置へ(01/20)

VWとボッシュ、バッテリー生産支援で提携(01/20)

司法省、医師に対する中絶規制の緩和を提案(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン