ドイツ、露とワクチン交渉 供給遅延打開に向け二国間協議

ドイツ政府は、ロシアと同国製ワクチン「スプートニクV」の事前購入契約の交渉を開始したもようだ。供給遅延がネックとなっているワクチン展開の加速に、一石を投じたい考え。シュパーン保健相の発表を元に、ロイター通信が9日伝えた。 シュパーン保健相は契約の条件として、欧州…

関連国・地域: ドイツロシア
関連業種: 医療・医薬品政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

独で感染者数が基準下回る 一部地域で規制緩和に道筋(05/17)

独DKV、給油所スマートディーゼル買収へ(05/17)

独、1日当たりワクチン接種回数が過去最多(05/17)

ドイツで偽のワクチン証明書の販売が増加(05/17)

VW、東部ザクセン州の子会社を統合(05/17)

VW、タイでワゴン車の新型モデル発売(05/17)

気候保護法改正案を閣議決定 独政府、排出ゼロ目標5年前倒し(05/14)

独、ワクチン接種者などの入国後隔離を免除(05/14)

荏原、独東部のオーバーホール工場が稼働(05/14)

ダイムラー、内燃エンジン車廃止を前倒しも(05/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン