アゼルバイジャン、外資が太陽光発電所建設

アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国のアブダビ未来エネルギー公社(マスダール、Masdar)は7日、アゼルバイジャンに総設置容量230メガワットの太陽光発電所を建設することで合意したと発表した。投資額は約2億ドル。外国資本による太陽光発電所の建設は同国で初めてとなる…

関連国・地域: アゼルバイジャン中東
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

欧州政治共同体、初会合に英・トルコも招待(09/26)

ルーマニアなど3カ国、エネルギー協力強化(09/19)

アルメニアとアゼルバイジャンが停戦合意か(09/16)

アルメニアとアゼル、国境地帯で軍事衝突(09/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン