欧州の石炭火力発電所、2030年までに半減

地球温暖化対策の国際的枠組みであるパリ協定が採択された2015年末時点で欧州にあった324カ所の石炭火力発電所のうち、すでに閉鎖したか2030年までに閉鎖する予定の発電所が半数に達した。炭鉱や石炭火力発電所などの閉鎖を働き掛ける市民団体の連合であるヨーロッパ・ビヨンド・コ…

関連国・地域: 英国ドイツフランスEUベルギーポーランドチェコスロベニアルーマニアブルガリア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

伊政府、EUなどからの入国規制を緩和(05/18)

スロバキア、製鉄所の脱炭素化計画を発表(05/18)

FB、米国へのデータ移管禁止巡り敗訴(05/18)

EU、報復関税の導入延期 米国の鉄鋼関税巡る紛争解決へ(05/18)

英仏社のワクチン、第2相治験で結果良好(05/18)

ステランティス、電動車の長期レンタル開始(05/18)

欧州各地で親パレスチナ派が抗議デモ(05/18)

クロアチア、ワクチンパスポートを試験導入(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン