ジンバブエ、露製ワクチンなど緊急使用許可

ジンバブエ医薬品管理局(MCAZ)は、ロシア製の新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」を含む4種類の新型コロナワクチンの緊急使用を許可した。ムチャングワ情報・広告・放送相の発表を元に、ロイター通信が9日伝えた。 同相はこの日の記者会見で、MCAZがスプー…

関連国・地域: ロシアアフリカ
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

ロシア、単回投与ワクチンを承認(05/10)

緑の党の首相候補、積極的な外交政策を提唱(05/10)

ロシア、欧州議長ら高官8人の入国禁止(05/04)

露ワクチン、フィリピンに1回目の供給(05/04)

ヤンデックス、国内中堅行を買収(04/30)

欧米製ワクチンの偽情報拡散 露中、不信感あおるワクチン外交(04/30)

露ワクチン、インド到着は5月1日か(04/30)

OPECプラス、5月からの減産緩和を確認(04/29)

英、新汚職防止法を初適用 ロシアや南アの計22人対処(04/28)

中欧4カ国、チェコの爆破事件巡り団結(04/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン