ジンバブエ、露製ワクチンなど緊急使用許可

ジンバブエ医薬品管理局(MCAZ)は、ロシア製の新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」を含む4種類の新型コロナワクチンの緊急使用を許可した。ムチャングワ情報・広告・放送相の発表を元に、ロイター通信が9日伝えた。 同相はこの日の記者会見で、MCAZがスプー…

関連国・地域: ロシアアフリカ
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

露中銀、来年にデジタルルーブルを試験導入(04/12)

ドイツ、露とワクチン交渉 供給遅延打開に向け二国間協議(04/12)

ウクライナ東部で軍と親露派の緊張高まる(04/12)

ロシア、スロバキアにワクチン返還要求(04/12)

ズベルバンクなど、新興企業ファンド創設(04/12)

ナワリヌイ氏、健康状態悪化で手足まひも(04/09)

ロシア、サウジの投資家に農業投資呼び掛け(04/08)

プーチン大統領、チョン越書記長と電話会談(04/08)

ADプラスチック、欧州などで複数供給契約(04/08)

露VTB、独で証券取引アプリ提供を計画(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン