憲法擁護庁、右派AfDを監視対象に

ドイツの連邦憲法擁護庁(BfV)が、排外主義的な政策を掲げる右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」を監視対象に指定したことが分かった。極右勢力との関係などを踏まえた判断で、国政政党がBfVの監視下に置かれるのは戦後初となる。現地メディアの報道を元に、ロイタ…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

経済成長率見通しを引き下げ コロナ規制が影響=独5大研究所(04/16)

アルディ、ポーランドで年内に45店追加へ(04/16)

ワイヤーカード、独連邦検事局と密接な関係(04/16)

独憲法裁、ベルリンの家賃凍結法に無効判決(04/16)

インフレ率、3月は1.7%=改定値(04/16)

香港、独中共同開発ワクチンを追加受領(04/16)

EU、ファイザー製ワクチンを早期受領へ(04/16)

イベコとニコラ、水素輸送で独OGEと提携(04/16)

ドイツ、チェコとの国境管理を終了(04/15)

独のコロナ入院患者、若年化の懸念(04/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン