• 印刷する

英首相、ワクチンパスポート導入検討を約束

英国のジョンソン首相は23日、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた人が使用できる接種証明書「ワクチンパスポート」の導入について、検討すると発言した。一方で導入については重大で複雑な問題があるとしている。BBC電子版が伝えた。

ジョンソン首相は、パブや劇場を訪問する際にワクチンパスポートの提示を義務付ける考えは「わが国にとって目新しいもの」とコメント。また、政府が国民に対してワクチンパスポートを義務付けたり、禁止したりすることには倫理的な問題があると指摘した。「ワクチンを接種できない人を差別することはできない」として、医学的な理由などでワクチンを拒否する人々への配慮が必要だとした。

ワクチンパスポートについては、ゴーブ内閣府担当相が導入の是非に向けた調査を主導する。パスポートにはワクチン接種の有無だけでなく、検査の陰性証明も記録される可能性がある。また、国民医療制度(NHS)のアプリが利用され、個人が必要に応じてアプリに自身の状態を表示できるようにする方法もあり得るという。

ワクチンパスポートを巡っては1月、欧州連合(EU)で議論が行われたが、実施が見送られた。観光大国であるギリシャが、夏に向けてEU域内の自由な移動を後押しする狙いで域内共通での発行を提案していた。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロンドンタクシーLEVC、ポーランド進出(04/23)

JLR、英2工場を一時停止 半導体不足で部品供給に遅れ(04/23)

予防接種委員、今夏の感染急増に警鐘(04/23)

破綻の金融グリーンシル、豪親会社が清算(04/23)

英首相、ダイソン創業者に税制変更を約束(04/23)

ソニー、ボーダフォンと5G活用の走行試験(04/23)

生産者物価、3月は1.9%上昇(04/23)

鉄鋼リバティ、印タタが未払い金巡り提訴(04/23)

ヴァージン、クウェートで携帯事業展開へ(04/23)

シェルのマレーシア給油所、グラブペイ導入(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン