米国、気候変動対策「パリ協定」に正式復帰

米国が19日、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」に復帰した。米国はトランプ前政権下に同協定から離脱したが、バイデン大統領は1月20日の就任と同時に協定に復帰する文書に署名。規定に基づき、30日後に正式に復帰した。米国は今後、2050年までに温室効果ガスの排出量の実…

関連国・地域: EU米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【今週の主な予定】4月12~16日(04/12)

EUのコロナワクチン輸出は日本が最多(04/12)

トルコ、欧州委員長の扱い巡り批判殺到(04/12)

電気トラック、化石燃料と価格競争に現実味(04/12)

トヨタ、ゼロ排出列車にFCモジュール提供(04/12)

バッテリー技術の進歩追うEU新規制 <連載コラム・環境フォーカス>第53回(04/09)

コンチネンタル、旧合弁事業買収で承認獲得(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン