• 印刷する

英首相、来週にロックダウン緩和計画を公表

ジョンソン首相は15日、新型コロナウイルス対策としてイングランドで実施するロックダウン(都市封鎖)の解除に向けたロードマップを22日からの週に示す方針を明らかにした。今回が最後のロックダウンとなるよう、「慎重で逆戻り不能」な形で緩和を進めるべきとしている。

同首相は、ワクチン接種計画は順調に進んでいるものの、感染率は依然として高く、新規入院患者数は1日1,600人と昨年4月の感染第1波時の水準を上回っていると指摘。国民は「楽観性と忍耐強さ」を併せ持つ必要があると話した。

ロックダウン解除へのロードマップについては、「まだ何も決定していない」とコメント。「かなり不透明な部分もあるが、正常化への道筋をできるだけ示す」と述べるにとどまった。

同首相は併せて、ナイトクラブや劇場などの再開に向け、迅速検査を活用する可能性を示唆した。ナイトクラブは、昨年3月に1回目のロックダウンが導入されて以来、営業再開を認められておらず、劇場も観客間のスペース確保が困難なため、ほとんど再開されていない。

同首相は迅速検査について、「昨年に再開できなかった業種で用いることは可能」とコメント。「ワクチンとの併用が進むべき道となるだろう」と話した。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

シェル、北海のカンボ油田開発から撤退(12/06)

仏、英仏海峡の共同警備巡る英の提案拒否(12/06)

商船三井、日本の風力発電事業で英社と協業(12/06)

労組ユナイト、労働党への献金停止を示唆(12/06)

米当局、エヌビディアのアーム買収阻止へ(12/06)

JDスポーツ、豪での売上高が60%増加(12/06)

富士フイルム、工場規模倍増 バイオ医薬品拠点で英最大規模に(12/03)

GSKのコロナ治療薬、変異株にも有効(12/03)

英国製ワクチン、血栓症の原因解明=論文(12/03)

英米間の鉄鋼関税交渉、北ア問題巡り膠着か(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン