仏南部の市長、コロナ規制反対で美術館再開

新型コロナウイルス封じ込めのための規制に反対するフランス南部ペルピニャン(Perpignan)のアリオ市長が9日、市内4カ所の美術館・博物館を再開した。極右政党・国民連合の副党首を務める同市長は、「フランス国民には文化が必要」と訴えている。フランス通信(AFP)が伝えた…

関連国・地域: フランス
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

仏貿易収支、2月は赤字拡大(04/09)

ケリング、伊北部に国際物流拠点を新設(04/09)

アルストム、フランス国鉄から水素列車受注(04/09)

伊・西、英製ワクチン投与を60歳以上に制限(04/09)

EU各国、英国製ワクチン対応で合意至らず(04/09)

スエズ、オーストラリア事業売却で合意(04/08)

通信イリアド、伊ウニエウロの筆頭株主に(04/08)

露VTB、独で証券取引アプリ提供を計画(04/08)

欧州委、仏政府のエールフランス支援承認(04/07)

サンゴバン、ルーマニアで生産ライン増設(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン