• 印刷する

洋上風力発電投資が過去最高 欧州全体で263億ユーロ=2020年

欧州における2020年の洋上風力発電施設の新規設置に向けた投資額が263億ユーロとなり、過去最高を記録した。投資対象の設備容量を合わせると7.1ギガワットで、向こう数年以内の稼働を見込む。業界団体ウインドヨーロッパ(旧:欧州風力エネルギー協会)が、8日公表した最新報告書で明らかにした。

欧州では新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)に見舞われる中でも、洋上風力発電投資の勢いが持続。ウインドヨーロッパのジルス・ディクソン最高経営責任者(CEO)は「洋上風力発電に対する信頼感の表れ」と説明。投資家は洋上風力発電が安価で信頼性と逆境における反発力が高いとみており、政府も投資を望んでいると述べた。

ウィンドヨーロッパの試算では、風力タービン新設に伴う経済効果は1基当たり1,500万ユーロに上る。欧州では現在、推定7万7,000人が洋上風力発電絡みの業務に従事しているが、30年までにこの数は20万人に膨らむとの見通しを明らかにした。

一方、欧州では昨年、新たに9カ所の洋上風力発電施設が稼働を開始した。新設容量は合わせて2.9ギガワットで、欧州の累積設置容量は25ギガワットに達した。欧州では現在、12カ国で116カ所の風力発電施設が稼働している。

なお、欧州連合(EU)は域内の洋上風力発電の設置容量を30年までに60ギガワット、50年までに300ギガワットにそれぞれ引き上げる目標を掲げている。最近はフランスやポーランド、バルト諸国、ギリシャなどの新規参入国が洋上風力発電投資を加速させている。[環境ニュース]


関連国・地域: EU
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ワクチンパスポート導入を協議 EU首脳会議、南北で温度差(02/26)

世界の排出量削減に挑むEU新通商戦略 <連載コラム・環境フォーカス>第52回(02/26)

英・EU、北ア通関手続きの免除で合意せず(02/26)

EU、無料ローミング維持で新規則案を公表(02/26)

欧州の風力発電量、昨年は全体の16%(02/26)

ユーロ圏景況感、2月は改善(02/26)

EUワクチン供給、遅延続く アストラゼネカ「予定の半分」(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン