• 印刷する

独、9月末までに全国民のワクチン確保可能

ドイツのメルケル首相は1日、新型コロナウイルスのワクチンについて、9月末までに全国民分を確保することが可能との考えを再度示した。同国ではワクチン接種のスピードが遅すぎるという批判が政府に向けられており、不満を和らげる狙い。

メルケル首相はこの日、ワクチン接種プログラムの改善に向けて、州政府の首相やワクチン製造業者などとビデオ会議を実施。同首相は、ドイツが四半期ごとにワクチンを受領し、十分な在庫を確保できる確約を得たとした上で「第3四半期(7~9月)の終わりまでには全ての成人にワクチン接種の機会を提供できる」と改めて主張した。

同首相はさらに、独バイオ医薬品会社キュアバック(CureVac)や米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が開発したワクチンが欧州連合(EU)で承認されなかった場合でも、今回の確約は適用されると語った。

なお、現在までに欧州委員会が使用を承認しているワクチンは16歳以上もしくは18歳以上が対象となっており、子どもが接種可能なワクチンはない。

同国でのワクチン接種のスピードが遅れていることについては、米国に比べると限られた生産能力しか有していないことや、欧州連合(EU)が責任問題の交渉に時間を要したことを理由として挙げたものの、緊急承認しなかったことについてはこれを擁護した。

メルケル首相は一方で「ワクチンが効かない変異株が発生した場合は、最初からやり直す必要がある」として警戒を呼び掛けている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

VW、営業利益が過去最高に コロナ前の水準上回る=上半期(07/30)

VW、仏ヨーロッパカー買収で合意(07/30)

ティッセン、FLスミスに鉱山機械事業売却(07/30)

インフレ率、7月は3.8%=速報値(07/30)

失業率、7月は5.7%に改善(07/30)

A・シュプリンガー、中東欧合弁の株式売却(07/30)

VW、印でタイグンの生産開始へ(07/30)

アナドル、食品配達ゲティルと提携協議(07/29)

ドイツ銀、第2四半期は黒字回復(07/29)

化学BASF、第2四半期は黒字回復(07/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン