大気汚染死亡リスク、欧州首位は伊ブレシア

大気汚染物質の一つである微小粒子状物質(PM)「PM2.5」に関連する死亡リスクが最も高い欧州都市は、イタリア北部ロンバルディア州のブレシア(Brescia)――。英医学誌ランセットのランセット・プラネタリー・ヘルスの電子版に掲載された研究報告で、こうした結果が明らかに…

関連国・地域: EUイタリアチェコ
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第329回:レンチング エコな繊維にアパレル熱視線(04/21)

EU、露・ベラルーシ鉄鋼関税を5年延長(04/21)

欧州鉄道3社、カルテルで4800万ユーロ罰金(04/21)

エネルギー関連のCO2排出、今年は5%増(04/21)

スペイン、年内に国内開発のワクチン投入も(04/20)

ナワリヌイ氏、容体悪化で欧米が圧力強化(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン