• 印刷する

イングランドの都市封鎖、感染抑制効果薄く

イングランド全域で先に導入されたロックダウン(都市封鎖)による、新型コロナウイルスの感染抑制効果は薄いようだ。緩やかな感染拡大の兆しが表れている。インペリアル・カレッジ・ロンドンが21日、最新の調査結果を明らかにした。

今回の調査は、ロックダウンが導入された翌日の1月6日から15日までの10日間、14万2,900人を対象に実施された。それによると、基本再生産数は1.04と、依然として感染は拡大基調にある。検査で陽性となった人の割合は1.58%で、昨年11月25日~12月3日の前回調査から1.5倍以上に上昇。5月の調査開始以降で最も高い水準となった。

今回の調査で最も感染者の割合が高かったのはロンドンの2.8%で、前回から2倍以上に上昇。一方、ヨークシャー・アンド・ザ・ハンバーでは前回調査より下がっている。

感染者の割合は、全世代で前回より上がっている。最も高いのは、18~24歳の2.51%。65歳以上の0.94%よりも2倍以上高い。

ハンコック保健・社会福祉相はこの結果を受け「向こう数週間、警戒を解くことはできない」とコメント。感染を抑えるために全員が自宅にとどまり、役割を果たすことが重要だとしている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ウクライナ支援、英独の姿勢に温度差(01/19)

英の対アイルランド輸出、離脱後に減少傾向(01/19)

英当局、マスターカードなど決済5社に罰金(01/19)

アマゾン、英のビザクレカ取扱中止を保留(01/19)

丸紅、スコットランド風力発電の権益落札(01/19)

ロンドン市長、超低排出区域の拡大検討(01/19)

失業率、11月は4.1%に改善(01/19)

元側近「首相は規制違反の宴会を事前認識」(01/19)

英政党支持率、労働党が首位 与党は規制違反宴会発覚で低下(01/18)

C・スイス、会長がコロナ規制違反で辞任(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン