• 印刷する

伊首相の信任投票、下院で可決=上院投票へ

イタリアの連立政権からレンツィ元首相率いる新党「イタリア・ビバ」が離脱したことを受け、代議院(下院、定数630)は18日、コンテ首相の信任投票を行い、321対259の賛成多数で信任した。元老院(上院、定数315)での投票は19日に実施。イタリア・ビバの離脱を受け、連立政権の上院での議席数は過半数を割っており、コンテ首相の進退を問う投票の行方は不透明となっている。

コンテ氏は上院での投票に先立ち、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)とその苦しみにより国は団結し、政府の一体感も増したと説明。政府の存続がより重要になっているとして、支持を呼び掛けた。

終身議員を加えた上院の321議席のうち、連立政権が占めるのは148議席。18議席を保有するイタリア・ビバは、信任投票を棄権する方針だ。地元紙は、コンテ首相がイタリア・ビバの離脱で空いた閣僚ポストと引き換えに協力を求め、155票を確保できる見通しだと報じている。

イタリア・ビバの棄権により、コンテ首相が信任を得る可能性は高いとみられる。しかし野党は、信任投票を乗り越えたとしても、国政を担うには弱過ぎるとして、解散総選挙の実施を求めている。


関連国・地域: イタリア
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

イタリア新車登録台数、11月は24.6%減少(12/03)

伊GDP、第3四半期は2.6%増=改定値(12/01)

アフリカ南部からの入国制限 欧州各国、新変異株の確認受け(11/29)

伊、ワクチン未接種者への規制強化へ(11/26)

伊、陰性証明除くスーパーグリーンパス検討(11/25)

ドラギ首相、中国社による伊企業の買収阻止(11/25)

伊、ワクチン5カ月後に追加接種へ(11/25)

伊中部で自殺ほう助に許可=国内初(11/25)

伊競争当局、アップルとアマゾンに罰金(11/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン