独外相、ワクチン接種者への規制緩和を主張

ドイツのマース外相は、17日付日曜紙ビルト・アム・ゾンタークのインタビューで、新型コロナウイルスワクチンを接種した人に対しては、レストランや映画館などに行くことを認めるべきだとの考えを明らかにした。こうした規制緩和について、政府はこれまで否定的な見解を示している…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 医療・医薬品政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

首相候補にラシェット氏 与党、党内投票で賛成多数(04/21)

ボルボ、30年までに電動車の販売割合5割に(04/21)

政府、緊急ブレーキ案を承認=夜間外出禁止(04/21)

当局、インサイダーでドイツ銀幹部を告発(04/21)

生産者物価、3月は3.7%上昇(04/21)

欧州鉄道3社、カルテルで4800万ユーロ罰金(04/21)

独与党、首相候補の擁立難航 ゼーダー氏優勢か=20日議員投票(04/20)

メルケル首相、英アストラ製ワクチン接種(04/20)

ルスアル、独同業A・ラインフェルデン買収(04/20)

ダイムラー、ソフト開発者1千人雇用へ(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン