• 印刷する

ユーロ圏インフレ率、12月もマイナス0.3%

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは7日、昨年12月のユーロ圏19カ国の消費者物価指数(CPI、速報値)が前年同月比0.3%低下したと発表した。落ち込みは4カ月連続で横ばいだった。

12月はエネルギーが6.9%低下。エネルギーを除く工業製品は0.5%下がっている。半面、食品・アルコール飲料・たばこは1.4%、サービスは0.7%それぞれ上がった。

価格変動が激しい食品・アルコール飲料・たばことエネルギーを除いたコアインフレ率は0.2%と、こちらも4カ月連続で変化がなかった。

ECBは12月の政策理事会で、ユーロ圏の市場介入金利(最重要の政策金利)を過去最低のゼロ%に据え置くことを決めた。中銀預入金利もマイナス0.5%で維持している。


関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ウニクレディト、政府に70億ユーロ超要求も(10/19)

FB、EUで1万人雇用へ=仮想空間開発(10/19)

エーザイ、抗がん剤併用療法が承認勧告(10/19)

UAE農業企業、東欧3カ国に工場開設へ(10/19)

コーヒー豆の対北欧輸出、ベトナムが開拓へ(10/19)

【今週の主な予定】10月18~22日(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン