• 印刷する

ユーロ圏インフレ率、12月もマイナス0.3%

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは7日、昨年12月のユーロ圏19カ国の消費者物価指数(CPI、速報値)が前年同月比0.3%低下したと発表した。落ち込みは4カ月連続で横ばいだった。

12月はエネルギーが6.9%低下。エネルギーを除く工業製品は0.5%下がっている。半面、食品・アルコール飲料・たばこは1.4%、サービスは0.7%それぞれ上がった。

価格変動が激しい食品・アルコール飲料・たばことエネルギーを除いたコアインフレ率は0.2%と、こちらも4カ月連続で変化がなかった。

ECBは12月の政策理事会で、ユーロ圏の市場介入金利(最重要の政策金利)を過去最低のゼロ%に据え置くことを決めた。中銀預入金利もマイナス0.5%で維持している。


関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、EV関税巡り奔走 中国に「真剣な対応」要求へ(06/17)

【EU環境規制・エネルギー】進むEUの包装規制、日本に及ぶ影響は(06/17)

【今週の主な予定】6月17~21日(06/17)

G7、ウクライナ融資で合意=露資産活用(06/17)

欧州、 蓄電池のエネルギー貯蔵能力が倍増(06/17)

ステランティス、EV生産を欧州に一部移管(06/17)

ユーロ圏貿易収支、4月は黒字回復(06/17)

<特別寄稿>欧州における水素サプライチェーンビジネスの現状と今後の動向(06/14)

米EVテスラ、欧州で「モデル3」値上げ(06/14)

欧州委、ハンガリーの部品工場への補助却下(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン