• 印刷する

自動車PSAの株主、FCAとの合併承認

フランスの自動車大手グループPSAの株主は4日、臨時株主総会で、イタリアのフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)との合併計画を承認した。世界4位の自動車メーカー誕生に向けて、さらに前進した格好。

プジョーの創業家や中国・東風汽車集団(DFG)、フランス政府を含むほぼ全ての株主が同計画を承認。賛成率は99.85%だった。

統合後の新グループ会社「ステランティス」の新最高経営責任者(CEO)に就く予定の、PSAのカルロス・タバレスCEOは「われわれは合併の準備ができている」とコメント。全ての規制をクリアしたと説明した。合併完了の日程については、近く発表するとしている。

なお、FCAの株主も近く合併計画の採決を行う見通し。

FCAとPSAは2019年12月、対等合併で正式に合意。ステランティスは、世界販売台数が計870万台となり、独フォルクスワーゲン(VW)、仏ルノー・日産自動車・三菱自動車連合、トヨタ自動車に次ぐ世界4位に浮上する。欧州委員会は昨年12月、合併計画を条件付きで承認すると発表。欧州委は小型商用車市場における競争上の懸念を示していたが、両社による妥協案を受け入れた格好だ。


関連国・地域: フランスイタリア
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

仏、独と国境接するモゼル県で規制厳格化(02/26)

携帯4社、パリ市と5Gサービス展開で合意(02/26)

エアバスとNAS、発注取り消し条件で合意(02/26)

オレンジ、基地局部門「トーテム」新設へ(02/26)

スエズ、オマーンで油田の水処理設備を受注(02/26)

仏消費者信頼感、2月はやや悪化(02/26)

EDF、ケニアの太陽光発電2社に出資(02/26)

CDP、アトランティア子会社買収で新提案(02/25)

エアバス、航空NASが88機発注取り消しも(02/25)

製造業景況感、2月も改善(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン