露情報機関、ナワリヌイ氏毒殺未遂に関与か

英調査報道機関ベリングキャットなどは14日、ロシアの反政府勢力指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏の毒殺未遂疑惑を巡り、ロシア連邦保安局(FSB)の化学兵器専門グループが関与していたとする調査結果を発表した。 調査はベリングキャットや独週刊誌シュピーゲル、米CNNなど…

関連国・地域: ロシア
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ハンガリー、出張者の規制免除国に日本追加(03/03)

スロバキア、露製ワクチン200万回分を購入(03/03)

ロシア、小麦の輸出税を2倍に引き上げ(03/03)

ノバテク、北極海航路で中国社にLNG供給(03/01)

VTB銀、通期は63%減益(02/26)

ウクライナ、CISの航空協定2件から脱退(02/25)

露製ワクチン、韓国社が追加で受託生産へ(02/25)

EU、ロシア追加制裁で合意 高官4人対象=ナワリヌイ氏問題(02/24)

露裁判所、ナワリヌイ氏の上訴棄却=収監へ(02/23)

ノルドストリーム2、独敷設許可の発効要請(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン