• 印刷する

EU、新排出削減目標で合意=55%減

欧州連合(EU)理事会は11日、EUの2030年までの温室効果ガス排出量の削減目標を1990年比で40%減から55%減に引き上げることで合意したと発表した。同目標を巡っては、欧州議会が10月、60%減とする案を可決していたが、加盟各国は今回、欧州委が当初提案していた55%減で最終的に一致した。新たな目標はEUの気候法に正式に盛り込まれる。

欧州委は、炭素排出量を50年までに実質ゼロ化する目標を盛り込んだ「欧州グリーンディール」を打ち出している。EUのミシェル大統領は「欧州は気候変動対策で世界を主導している」と説明し、EU理事会は50年までの実質ゼロ化に向けて30年までに温室効果ガスを少なくとも55%削減することを決めたと発表。フォンデアライエン欧州委員長も「50年までの炭素中立化に向け、明確な道筋となる」と話した。

EUでは、北欧や多くの西欧諸国がより野心的な気候変動対策を求める一方、石炭火力発電への依存度が高い東欧やエネルギー集約型産業などがこれに反発。炭素削減目標の策定に当たっては、ポーランドなどがEUに対し、目標達成に向けたコストの一部負担を求めていた。

EU理事会によると、加盟各国は今回の合意に当たり、EUの炭素市場改革を通じて「分配の懸念とエネルギー貧困の問題に対処する」方針で一致。また、域内の低所得10カ国のエネルギー転換支援を目的としたEUの「現代化基金」の不均衡問題の解決に取り組むことを決めた。[環境ニュース][EU規制]


関連国・地域: EUポーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州議会、大型車両の排出削減法案を可決(04/12)

ウクライナ和平協議、スイスで開催=6月(04/12)

欧州議会、炭素除去認証制度を承認=世界初(04/12)

欧州中銀、5会合連続で金利据え置き(04/12)

欧州議会、移民・難民制度改革案を可決(04/12)

EU、都市廃水処理規制を強化(04/12)

伊藤園、「お~いお茶」をドイツで生産(04/12)

ユニクロ、欧州で10店舗を新規開店へ(04/12)

EU、中国の風力タービン企業の調査開始(04/11)

デジタル市場法効果で小規模ブラウザー急伸(04/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン