• 印刷する

バイエルン州、9日から規制厳格化へ

ドイツの南部バイエルン州は、9日から新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための規制を厳格化すると発表した。全国的に講じられている制限措置に加え、外出に際しての規定などが盛り込まれ、国内では最も厳しいレベルとなる。来年1月5日まで継続される。

同州のゼーダー首相によると、今後外出は、医療機関の利用や食料品の買い物など、正当な理由がある場合のみ許可される。世帯間交流は全土の制限措置と同様、最大2世帯で14歳未満の子供を除き5人までとなる。

感染率が特に高いレーゲンスブルクとパッサウ、ニュルンベルクでは、午後9時から午前5時の間は不要不急の外出が禁止される。

23~26日までのクリスマス休暇期間については、州内の全地域で集会可能人数が子供を除く最大10人に緩和される。27日から新年にかけては制限は緩和されない。

同首相は「残念ながら状況は深刻だ」として、全国で導入されている封鎖措置では対策が不十分だと述べた。

同州では、6日の新規感染者数が1万7,000人を超えており、既に累計で100万人を突破している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、エネルギーのSEFEを国有化も(09/26)

VW、一部生産を国外移管も=ガス不足対策(09/26)

ボッシュ、タイでEV関連サービスに参入(09/26)

メルク、上海にバイオ医薬試験施設を開業(09/26)

ガス輸入コスト、1~7月は2.6倍に拡大(09/23)

JAL、成田―フランクフルト路線を増便(09/23)

BMW、タイ高級車市場で3年連続首位へ(09/23)

独政府、ユニパー国有化 公的資金80億ユーロを注入(09/22)

ドイツ、競争当局の権限強化を計画(09/22)

欧州司法裁、独のデータ保持規定に違法判決(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン