仏、パリ近郊のミンク農場でコロナ感染判明

フランスの農業・食料省は22日、パリ近郊のウールエロアール(Eure-et-Loire)県の農場で飼育されているミンクが新型コロナウイルスに感染していることが確認されたため、同農場の約1,000頭の殺処分を命じたと発表した。 同国では先に、4軒の農場で新型コロナの検査を実施。その…

関連国・地域: フランス
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

スロベニアの自動車レボズ、27日に生産再開(01/27)

仏、公共の場での医療水準マスク着用義務化(01/27)

アルストム、エンジニアリングの米社を買収(01/27)

レゴなど5社、EUグリーン消費誓約に参画(01/27)

仏4社、パリにデジタルヘルスケア拠点(01/26)

通信オレンジ、国内ファイバー網の一部売却(01/26)

アルストム、印で高速鉄道信号システム受注(01/26)

仏エアバス、独北部工場で約500人が隔離(01/26)

ANA、羽田―ロンドン・パリ路線など減便(01/26)

仏、EUからの入国者にも陰性証明義務付け(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン