• 印刷する

11月は分岐点割れ ユーロ圏PMI速報値

金融情報サービス会社IHSマークイットは23日、11月のユーロ圏総合PMI(購買担当者景気指数、速報値)が45.1ポイントとなったと発表した。10月から4.9ポイント低下し、過去6カ月で最低を記録。景気の「改善」と「悪化」の境目である50ポイントを下回った。

ユーロ圏の製造業PMIは53.6ポイントと、前月から1.2ポイント下落。新規受注の拡大ペースは過去5カ月で最も減速した。一方、生産高は増加を続けている。仕入れ価格の伸びは過去2年近くで最大となり、出荷価格はわずかに上がっている。

製造業PMIの国別データを見ると、ドイツは57.9ポイントと、前月から0.3ポイント低下した。フランスは2.2ポイント下がって49.1ポイントと、分岐点割れに沈んだ。

ユーロ圏総合指数のうち、生産高は6月ぶりに減少。新規受注は大きく減り、雇用の削減ペースは前月から横ばいだった。仕入れ価格の伸びは減速し、出荷価格は9カ月連続で落ち込んでいる。 

■サービス業は軒並み悪化

ユーロ圏のサービス業PMIは41.3ポイントと、前月から5.6ポイント低下。国別ではドイツが46.2ポイントと3.3ポイント下がり、フランスは8.5ポイント下落して38ポイントと、共に過去6カ月で最低に沈んでいる。

IHSマークイットのクリス・ウィリアムソン首席ビジネス・エコノミストは今回の結果について、ユーロ圏経済は、新型コロナウイルスの封じ込め策の再導入により、深刻な停滞状態に逆戻りしたと説明。域内総生産(GDP)は第4四半期(10~12月)に再び縮小するとし、今年の成長率はマイナス7.4%になるとの見通しを示した。だが、回答企業は、新型コロナワクチンに関する朗報を受け、来年には従来の生活を取り戻すことができるだろうとみているという。

■英は分岐点割れ

11月の英国の総合PMI(速報値)は47.4ポイントと、10月から4.7ポイント下落し、分水嶺を割った。新規受注は2カ月連続で減少。雇用の削減幅は過去3カ月で最大となった。

製造業PMIは1.5ポイント上がり55.2ポイント。サービス業PMIは45.8ポイントと、前月から5.6ポイント下落し、こちらも分岐点を下回った。


関連国・地域: 英国ドイツフランスEU
関連業種: その他製造サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ベラルーシ反体制派、バイデン大統領と会談(07/30)

緩和長期化の方針示されたECBの戦略検証 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第28回(07/30)

EBRD、エジプトのドライポートに融資(07/30)

英、欧米のワクチン接種完了者の隔離免除(07/29)

ユーロ圏成長率予測を引き上げ 21年は4.6%、22年は4.3%=IMF(07/29)

EU、成人の7割に初回接種の目標達成(07/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン