独、米製品への報復関税導入の延期提案か

ドイツ政府は、米政府の航空機大手ボーイングへの補助金支給を巡る、欧州連合(EU)による米国製品への報復関税導入の延期を検討しているもようだ。米国との貿易関係を修復し、和解に向けた手続きを視野に入れているという。ドイツ政府高官の話として、ブルームバーグが伝えた。…

関連国・地域: ドイツEU米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テラプラスト、鉄鋼部門売却を欧州委が承認(01/18)

【今週の主な予定】1月18~22日(01/18)

英水産業、EU離脱で1日100万ポンド損失も(01/18)

ユーロ圏貿易収支、11月は黒字拡大(01/18)

EU、ニッケル禁輸でWTOにパネル要請(01/18)

クラウドは自動車業界でも必須の存在に <連載コラム・自動車産業インサイト>第51回(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン