石油トタル、アンゴラ鉱区の権益売却か

フランスの石油メジャーのトタルは、アンゴラ沖合の第14鉱区の権益売却を検討しているもようだ。同国でより大規模で収益性の高い油ガス田に注力するためという。複数の消息筋の話を元に、ロイター通信が4日伝えた。 それによると、トタルは保有権益20%の売却先を探しており、取…

関連国・地域: フランスアフリカ
関連業種: 天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

エールフランスKLM、第1四半期は赤字(05/07)

ミシュラン、合弁通じ燃料電池生産を強化へ(05/07)

石油トタル、アンゴラ沖で石油生産開始(05/07)

仏、昨年の再生エネ割合は19%に=目標未達(05/07)

ステランティス、テスラから排出枠購入終了(05/07)

ジャージー島、英仏間の漁業権争いの舞台に(05/07)

ベルギー農家、誤って仏との国境標石を移動(05/06)

仏政府、鉄鋼アルバンスに1千万ユーロ融資(05/05)

ビベンディとメディアセット、法廷闘争終結(05/05)

アマゾン、欧州で売り上げ好調も法人税ゼロ(05/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン