• 印刷する

ベルリン新国際空港がオープン=9年遅れ

ベルリン・ブランデンブルク国際空港(BER)が10月31日に開港した。当初は2011年の開業を予定していたが、工事の遅延により延期を繰り返した挙句、新型コロナウイルス危機下という最悪のタイミングでのオープンとなった。

同空港は06年に着工したが、設計や施工上の問題点が次々と明らかになり、開業が何度も延期されていた。フィナンシャル・タイムズによると、同空港のターミナル運営責任者は「これだけ待った挙句、航空産業が大打撃を受ける中での開港となったのは悲劇だ」とコメントしている。

同空港はまず第1ターミナルをこの日に開業する。第2ターミナルは21年春にオープンする予定。隣接するシェ―ネフェルト空港は、10月25日からブランデンブルク国際空港の第5ターミナル扱いとなり、発着便名もこれまでの「SXF」から「BER」に変更されている。

同空港の開港に伴い、市北西部のテーゲル空港は11月7日に定期便の発着を終了する。

ブランデンブルク国際空港は、シェーネフェルト空港とテーゲル空港、08年に閉鎖された市中心部の旧テンペルホフ空港の3空港に代わるベルリンの新たな空の玄関口として、シェ―ネフェルト空港を拡大する形で建設された。工事の遅延を受け、総工費は当初予定の20億ユーロから60億ユーロに膨らんでいる。ブランデンブルク国際空港とテーゲル空港の運営会社には、ベルリン市とブランデンブルク州がそれぞれ37%出資するほか、連邦政府も26%を拠出する。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独、9月にワクチンのブースター接種を開始(08/04)

独検察、洪水対応巡り過失致死容疑で捜査も(08/04)

BMW、第2四半期は黒字回復(08/04)

インフィニオン、第3四半期は2.3倍に増益(08/04)

独、入国時の陰性証明義務化 陸海路にも拡大=渡航国問わず(08/03)

ボノビア、ドイチェ・ボーネン買収額引上げ(08/03)

VW、車載ソフト試験システムの新合弁設立(08/03)

米2社、EU向けコロナワクチンを値上げ(08/03)

アリアンツ、米司法省の調査で業績に打撃も(08/03)

小売売上高、6月は4.2%増加(08/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン