欧州中銀、金利据え置き=年内に追加緩和も

欧州中央銀行(ECB)は29日に政策理事会を開き、ユーロ圏の市場介入金利(最重要の政策金利)を過去最低のゼロ%に据え置くことを決めた。中銀預入金利もマイナス0.5%で維持。3月に設けた「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)」の資産購入枠も1兆3,500億ユーロで維…

関連国・地域: EU
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【中村航の西方見聞録】モスクワで巨大銀行がアマゾン化 意外な金融最先端都市?(11/24)

英・カナダ、来年以降も貿易条件継続で合意(11/24)

欧州の累計感染者数、1500万人突破(11/24)

欧州は感染抑止でアジアに学ぶべき=WHO(11/24)

11月は分岐点割れ ユーロ圏PMI速報値(11/24)

EU、年内にワクチン承認も 臨床試験で有効性90%以上の2種(11/23)

【今週の主な予定】11月23~27日(11/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン