ポーランド、胎児異常での中絶に違憲判断

ポーランドの憲法裁判所は22日、胎児の異常を理由とした人工妊娠中絶を違憲とする判断を下した。これにより、強姦(ごうかん)、近親相姦、もしくは母体の健康に危険がある場合を除き、全ての中絶が事実上禁止されることになる。 ポーランドの中絶関連法は欧州諸国内でも特に厳し…

関連国・地域: EUポーランド
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

韓国・SKC、ポーランドに銅箔工場新設へ(11/23)

ベラルーシ、国境の移民を倉庫に移送(11/22)

EU、ベラルーシと不法移民問題巡り協議へ(11/19)

チェコ、炭鉱巡るポーランドの新提案に難色(11/18)

ポーランドGDP、第3四半期は5.3%拡大(11/17)

ポーランドとチェコ、炭鉱閉鎖巡る審問開始(11/10)

EU、不法移民輸送の航空会社に制裁も(11/10)

ポーランドで中絶禁止抗議デモ=妊婦死亡で(11/09)

米コノコ、ノルウェーガス田開発に15億ドル(11/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン