ベルリンの博物館でスプレーのいたずら

ドイツの首都ベルリンの博物館で、内部の展示品およそ70点にスプレーをかけるいたずらがあったことが分かった。同国で起きた芸術品に対するいたずらとしては、第2次世界大戦後で最も悪質とされる。BBC電子版などが伝えた。 被害に遭ったのは、ムゼウムスインゼル(博物館島)…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

独、感染者数が過去最多に 初の10万人超え=2月にピークも(01/20)

独、ウクライナに「水素外交」拠点設置へ(01/20)

VWとボッシュ、バッテリー生産支援で提携(01/20)

司法省、医師に対する中絶規制の緩和を提案(01/20)

インフレ率、12月は5.3%=改定値(01/20)

BMW販売、昨年はインドネシアで21%増(01/20)

独裁判所「職場の椅子持ち帰り解雇は不当」(01/20)

ウクライナ支援、英独の姿勢に温度差(01/19)

独、ノルドストリーム2を政治的に利用も(01/19)

独景気期待指数、1月は大幅に改善(01/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン