<特別寄稿>日英EPA大筋合意を受けて 歴史の転換期に新たな国際貿易秩序を目指す

2020年9月11日、茂木外相と英国のトラス国際貿易相の間で「日英包括的経済連携協定(日英EPA) 」の大筋合意がなされた。かつて英国が「栄光ある孤立」を棄てて日英同盟を締結してから約120年後で、今回の日英EPAは英国にとって欧州連合(EU)からの離脱後に初めて締結する…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

英国版「リーチ」巡る懸念が現実に <連載コラム・環境フォーカス>第61回(01/21)

バイデン米大統領、露のウクライナ侵攻予測(01/21)

欧州委、罰金未払いでポーランドの基金保留(01/21)

ユーロ圏インフレ率、5%に 過去最高を更新=12月改定値(01/21)

EU、航空業界の無償排出枠廃止を前倒しか(01/21)

米カーライル、欧州最大のファンド設立へ(01/21)

ユーロ圏建設業生産、11月は0.2%減少(01/21)

韓国・現代グループの欧州販売、昨年は4位(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン