• 印刷する

屋内の世帯間交流が違法に イングランド北東部、規制厳格化

イングランド北東部の7地域で30日から、飲食店など全ての屋内での世帯間交流が違法となる。新型コロナウイルスの感染が再流行しているためで、違反すれば最大で6,400ポンドの罰金が科される。

対象地域は、特に感染拡大が深刻なノーサンバーランドやニューカッスル・アポン・タイン、サンダーランド、ダラムなどで、約200万人が影響を受ける。パブやレストランに加え、既に禁止されている、自宅や庭での別世帯を交えた集まりも違法となる。

18歳以上の違反者には、初犯で罰金200ポンドが科されるが、14日以内に支払えば半分に減額される。罰金額は違反を重ねるごとに倍増し、最大6,400ポンドとなる。

一方、感染防止策を講じた学校や職場は規制の対象とはならない。

ハンコック保健・社会福祉相によると、これらの地域での新規感染者数はここ最近急増。うち6地域では、過去1週間の新規感染者数が人口10万人当たり100人を超えるという。

7地域では先に、封じ込め策が厳格化。同じ世帯や「サポート・バブル」以外の人との交流が制限されたほか、飲食店および娯楽施設は、午後10時から翌午前5時まで営業が禁止されている。

■マンチェスター市長、飲食店の夜間閉業見直し求める

イングランド中部マンチェスターのバーナム市長は、レストランやパブの午後10時以降の営業禁止ルールを早急に見直すべきと主張している。自宅や屋外で集まる人が増加しているため。

同市長は、夜間営業が禁止されて以降、スーパーや路上は多くの人であふれていると指摘。こうした光景はリバプールやヨークといった他の地域でも見られるという。

政府報道官は、現時点でこの規制を見直す具体的な計画はないが、一連の封じ込め策は全て再検討の段階にあるとしている。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英政府「ドアまだ開いている」 対EU交渉、水面下で協議続く(10/20)

ハイネケン、パブ経営者への不当圧力で罰金(10/20)

日立ABB、英仏海峡の送電線で通電試験(10/20)

金融カルロック、破綻の印航空会社を取得へ(10/20)

欧州各国、相次ぎ規制厳格化 地域限定の封じ込め策で対応(10/20)

英首相「合意なしの備えを」 対EU交渉中止は踏み切らず(10/19)

英、イタリアなどを自主隔離対象国に(10/19)

鉄鋼リバティ、独ティッセンに買収提案(10/19)

ウェザースプーン、通期は35年超で初の赤字(10/19)

ボーダフォン、ブダペスト基地局を5G接続(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン