• 印刷する

イングランド北東部で新規制 世帯間交流や飲食店の営業制限

英政府は17日、イングランド北東部で18日から新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた新たな制限措置を導入すると発表した。異なる世帯間の交流や、パブやレストランの午後10時以降の営業が禁止される。

新たな制限措置の対象となるのは、ノーサンバーランド、ニューカッスル・アポン・タイン、サンダーランド、ノース・タインサイド、サウス・タインサイド、ゲーツヘッド、カウンティー・ダラムの7自治体。

これらの地域の住民は18日から、同じ世帯や「サポート・バブル」以外の人と自宅や庭で交流することが禁止される。公共交通機関は、通勤・通学など必要不可欠な目的にのみ利用するよう促されている。飲食店は、テーブル席でのみサービスを提供できるほか、飲食店および娯楽施設は、午後10時から翌午前5時まで営業を禁止される。

保健・社会福祉省によると、サンダーランドは人口10万人当たりの過去1週間の新規感染者数が103人に達し、サウス・タインサイドやゲーツヘッド、ニューカッスルでも軒並み70人を超えているという。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品サービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州首脳、米大統領就任祝う 「米・EU関係の再活性化を」(01/22)

イングランドの都市封鎖、感染抑制効果薄く(01/22)

ガラスのピルキントン、ポーランド工場拡張(01/22)

HSBC、英国内で管理職340人整理も(01/22)

車部品ヒューランド、印社が株式取得(01/22)

ファイザー製ワクチン、英変異種にも有効か(01/22)

インフレ率、12月は0.6%に加速(01/21)

生産者物価、12月は0.4%低下(01/21)

英国内最大漁港、水揚げ量が減少=EU離脱(01/21)

IAG、エア・ヨーロッパの買収額を半減(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン