ギリシャ、移民施設の新設を表明

ギリシャ東部レスボス島のモリア難民キャンプでの大規模火災を受け、ミツォタキス首相は13日、同地に移民向け居住施設を新設する方針を示した。モリア難民キャンプに代わる施設としており、近隣諸国に移民問題でのさらなる支援を呼び掛けている。ロイター通信などが伝えた。 同キ…

関連国・地域: ギリシャ
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

トルコ、地中海から探査船を引き揚げ(09/22)

ギリシャ、難民キャンプの9千人が施設移動(09/22)

ギリシャ、アテネでマスク着用など規制強化(09/17)

ギリシャ首相、減税策と軍備増強を発表(09/15)

ギリシャ、移民施設の新設を表明(09/15)

レスボス島の難民キャンプで大規模火災(09/11)

ギリシャとトルコ、NATO仲介で協議へ(09/07)

英、ポルトガルを再び自主隔離対象に指定も(09/04)

グラスゴーなど、世帯間の訪問が禁止に(09/03)

【欧州企業よもやま話】第313回:ファイェ ギリシャヨーグルトブームの火付け役(09/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン